TO DOはSABCで考えよう!

S/A/B/Cというと、大学のときの成績表みたいですよね(笑)。

スクリーンショット 2015-11-29 3.31.24

でもこれを意識してスケジュールを組むととてもうまくハンドリングできます。
どんなふうに予定を組むのか、具体例を使って説明しましょう。

To Doに優先順位をつける

まず、行わなくてはならないこと(TO DO)が以下のように5つあったとします。

スクリーンショット 2015-11-29 3.35.37

思い出す順番にTO DOを書くと、こんな風ですね。これを手帳の時間軸に落とすと“実現”するわけですが、そのときに記入の順番があるのです。優先ランクを、S・A・B・Cに分けましょう。

まず、Sランクは、相手とのアポを入れる仕事です。
いつアポが入るかは他人次第になりますから、これを最初にやるわけですね。

Aランクには『(自分の)やりたいこと』を入れます。
これが、『自己実現』を目指した手帳術の真骨頂で、Sの次に入れるのがポイントです。

次にB(締め切りのある仕事)C(ついでの仕事)の順番で入れていくのです。
では、実際にランク付けしましょう。

スクリーンショット 2015-11-29 3.30.59

一番大切な『 S(教授アポとり)』が後回しになり、『 B(学会発表準備=パワーポイント作成)』をなんとなく先に始めてしまうと大変。完成が見えた頃に教授に相談すると、『今週はもういっぱいだから来週に』と言われてしまい、実際に来週に見てもらったら発表日が近づいているのに大修正を求められ、てんやわんやで準備がきつくなり、寝不足になり…というパターンです。
このような泥縄パターンはときどき耳にしますね。ですからまず「S」が大切です。

次に、A(やりたいこと=水泳)を入れます!

これは自分のしたいこと。ウキウキしますね。逆説的に感じるかもしれませんが、ストレスの貯まること(例えば会議)の後に設定しておくのもよい方法です。
一般企業でも、ストレスの溜まる会議はありますね。その後ですから、普通だったら疲れて何もせず、ぼーっとする時間ですが、予定しておくと、ぱっとプールに行って『やりたかった』水泳ができる。ストレス解消にもなりますし、自分が『できる』人間になった気分が味わえます。

あとは、この例の場合では、教授との次回アポに間に合うように B(スライド作成)の予定を組んでおき、C(その他の仕事)はバイト病院などすこし緩めの仕事のときに入れておくわけです。

User’s Voice / Education

  1. 12112838_830277650423674_739490608_o
    ビジネスでもプライベートでも、メディカル手帳が大活躍 …
  2. 511_09_w500
    1年間アナログ手帳を使い倒してみました 普段はデジタルのカ…
  3. スクリーンショット 2015-11-11 23.34.57
    学生にも、時間の使い方を教える これは秋田大学の医学部生に…